ぱぱ先生の中学受験2027への道

旧帝院卒のWebエンジニアによる、中学受験への孤軍奮闘の雑記

鉄緑会について 続編1

ご訪問ありがとうございます。

ぱぱ先生です。

 

今回は、先日反響を頂いた鉄緑会について、続編を少しお伝えしたいと思います。

 

f:id:bzmake-engineer:20210527135434j:plain

 

 

 

主なシステムについて

  • 最大の特徴は、「授業の進度が爆速」です。
  • 中学時は英数しかありませんが、中1で一般の中3までの内容を終わらせ、高校になるころには高校内容もひと回し終わっている。
  • 中高一貫校の進学校は基本的に高2中盤から3月で英数を一通り終了。
  • 優れた教材だと言われますが、人によっては使いにくいと感じるかも。
  •  

 

 

塾と親御さんのアプローチ

  • 年1回保護者会があります。学年毎に全生徒の保護者1名まで参加可能。
  • 教科別にその学年での学習のポイントについて説明が行われ、その後には希望者にはクラス別に先生と簡単な個人面談。
  • クラスでの状況を聞くことが可能(今年は動画配信)。
  • その他四半期ごとに、出席状況や宿題の提出状況、小テストの点数とクラス内順位、先生の100字程度のコメントがセットになって郵送される。

  • これが3ヶ月に1回ですのでかなりきめ細かい。

  • これらの情報を通して、子供が塾できちんと学んでいるか、授業に追いついているか等を把握出来る。 

 

 

今回はここまで。

今後もどんどん書いていきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

 

にほんブログ村 受験ブログへ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ