ぱぱ先生の中学受験2027への道

旧帝院卒のWebエンジニアによる、中学受験への孤軍奮闘の雑記

ほんとにSAPIXで大丈夫!?

f:id:bzmake-engineer:20210728182428p:plain

 

 

 

以前、SAPIXが全室募集を停止の記事を書きました。

papajuken-kyoshitsu.jp

 

この記事の中でも書いたのですが、

SAPIXでも上位クラスに在籍できないと、授業の速度に追いつけないなど、習熟度の点で難しいようです。 

 

御三家の合格者の半数をSAPIX生が占めるなど、実績抜群ですが、それはごくごく一握りの優秀層です。下位クラスから上位になかなか上がれないなどの場合は、他の塾に転塾したり、お子さんの成績や性格により、「そもそもSAPIXを選ばない」選択も必要です。

 

SAPIXに向いている子
  • 競争心があり、自立的に勉強出来る

  • 御三家や桜蔭など志望しており、本人もモチベーションが高い

  • SAPIX偏差値で常時60以上をキープできるなど学力が高く、めげない子

 

SAPIXは基本的に、開成や桜蔭などトップ校を基準とした授業の進め方やカリキュラムとなっているため、準難関校や中堅校狙いのお子さんには無駄が多く、非効率だと思います。

 

 

逆に、それらが志望校ターゲットの場合は、早稲アカや四谷大塚、日能研が適していると思います。

 

SAPIX以外の大手
  • 早稲アカは、NN講座を中心に、熱血教師が目立ち、話し上手で面白い講師の方も多い

  • 四谷大塚は、お茶の水校などの中核校舎にエリート生が集中。この層は低学年時に全統小で、偏差値65以上を取ると「マンスリー生」として青田買いされ、安い受講料で、低学年から難問を解くことにより鍛えられます。ただしお茶の水校など中核校の実績は優れていますが、地域の一般校舎の実績はぱっとしない

  • 日能研は、N偏差値60前後の準難関校そして中堅校に向いています。教室の規模もそれ程大きくなく、面倒見は相対的に良い。日能研で難関校を目指すなら一部校舎に設置されているTMクラスはハイレベルな授業が受けられ、生徒の質も高く、合格率も高いと思います

 

 

SAPIXの実態を解剖した記事も合わせてお読み下さい

papajuken-kyoshitsu.jp

 

 

今回はここまで!

最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ