ぱぱ先生の中学受験2027への道

旧帝院卒のWebエンジニアによる、中学受験への孤軍奮闘の雑記

【鉄緑会】大阪校の実態

f:id:bzmake-engineer:20210819170911j:plain

 

 

以前、鉄緑会あるあるを書きました。

papajuken-kyoshitsu.jp

今回、鉄緑会 大阪校の実態について書きたいと思います。

 

大阪校のクラス分け
  • 東京校は、学年で約1200人(文理含む)、その中でも130人はトップクラス、残り1100人はオープンクラス

  • 大阪校は学年230人程度、Bクラス(B1>B2>>>B6>B7)、Aクラス(A1>A2>A3)で1クラス20人、SAクラス(別次元のレベル)でクラス30~40人

  • SAクラスは、灘、東大寺、洛南、神戸女学院、etc
  • 東大理3の現役合格生でもトップクラスに入れない
  • SAクラスの合格実績は、最低レベルで阪大医、その他、東大理3、京医が多数。A3 生でも阪大医がでデフォルト

  • Aクラスから東大理1(に進学する)のはもったいないレベル。基本、医学部狙いが多く、理1以上を狙える

 

その他
  • 東京校にある指定校推薦制度(入塾時に無試験)は大阪校にはない
  • 小テストでも翌週に順位が貼り出され、競争意識が湧く(SAトップ3は灘独占)
  • 東京校は延長2hなどがあるが、大阪校は言っても延長1h程度
  • どのクラスでも、鉄緑会の授業についていけるだけでスゴイ

 

 

こちらもお読み下さい!

papajuken-kyoshitsu.jp

 

papajuken-kyoshitsu.jp

 

 

今回はここまで!

最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ