ぱぱ先生の中学受験2027への道

旧帝院卒のWebエンジニアによる、中学受験への孤軍奮闘の雑記

【保存版】有名中学の特徴 首都圏版3

ご訪問ありがとうございます。

ぱぱ先生です。

 

有名中学の校風や特徴の調査結果を書きたいと思います。

第3段! 

 

 

今回は、国際教育校&女子最高峰

 

◆◆ 渋渋中 ◆◆

クラスに1人は帰国子女!

語学が身に付く国際的学校!

 

  • 先生はあまり干渉しない自立を重んじる「自調自考」

   宿題もあまり出ないし、補講は任意。

   先生は口うるのみさく言わない。

  • 海外大へ進学する学生が増加

   英語のみで行われる授業もありますし、

   海外大への進学説明会が行われ、

   帰国子女の存在が大きい。

  • 帰国子女は1クラスに1人はいる

   帰国子女は学年に30人はいる。

   子女同士は校内でも英語で会話。

   英語で話しかければ、

   自然に英語での会話が始まり、

   語学が見に付いてくる。

 

   その他にも、海外研修

   (アメリカ、オーストラリア、

    イギリス、ベトナム)

   といった国際交流イベント、

   世界各国からの留学生受入れがあり、

   海外交流や英語を使う機会が多い。

 

 

次は、女子最高峰!

 

◆◆ 豊島岡女子中 ◆◆

面倒見の良さがピカイチ!

文武両道がウリ!

 

  • 面倒見の良いピカイチのバックアップ

   毎日のように英単語テストがあり、

   論語や百人一首の暗記も。

   先生も教育熱心な方が多く、

   テキストを自作してくれる先生もいる。

 

   世界史の先生は、古代~現代のまとめプリントを

   300枚以上もストックし、毎年少しずつ改訂して配布したりしています。

 

   生徒もコツコツ型の生徒が多く、

   部活で忙しい子も、何だかんだで勉強するルーティンが形成。

   塾に通う生徒も非常に多い。

  • 校則は若干厳しい

   スカートの長さも厳しく、寄り道禁止。

   池袋の繁華街に校舎がありますが、

   繁華街に近寄ることは禁止。

   見つかると先生に怒られてしまう。

  • 校外活動にも寛容

   他校との合同ディベート会や読み聞かせ会などに参加する子も多い。

 

 

 

 早慶も書きました。

 

 渋渋と豊島岡女子

 

今回はここまで。

次もドンドン内部事情をお伝えしていきたいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(_ _)m